今月のメッセージを更新しました。 - ●濱香(はまごう)カイロプラクティックセンター●南房総・館山市の整体院

●濱香(はまごう)カイロプラクティックセンター●南房総・館山市の整体院

健康に関する“情報コンシェルジュ”としてお悩みの辛い症状への対策・予防方法などをアドバイスしています。心地よい手技でお身体のトータルメンテナンスをサポートいたします。
 0470-29-7088
お問い合わせ

インフォメーション

2016 / 08 / 01  18:48

今月のメッセージを更新しました。




 今月5日、リオデジャネイロ五輪が開幕です。各競技の選手たちの素晴らしいパフォーマンスを見ることができると思うととても楽しみですが、中には突然の筋けいれん(いわゆる「足がつった」など)で競技中止を余儀なくされる選手がでることがあります。オリンピックのような大舞台ではまさに「悲劇」です。



 一方で急性腰痛、いわゆる「ギックリ腰」はアスリートに限らず、日常で起きる「悲劇」です。当院ではギックリ腰は「腰で起きるこむら返り(筋けいれん)」のようなものだと説明することがあります。ギックリ腰の病態は医学的には解明されていないのですが、当院ではその説明が患者さんにとって最も腑に落ちるようです。

 しかし先頃、当院のFBページやツイッターでシェアしたのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、「こむら返りを防ぐスパイシーな処方 筋けいれんの原因は筋肉ではないという説が注目されている」というWSJの記事(※)はそんな悩みの一助となるのではないかと思います。

 (※)記事は下記リンクからご覧いただけます。

http://jp.wsj.com/articles/SB10368883563906114164704582187942080476210

 結局のところ「筋けいれん」は神経伝達の過程で発生する問題であって、けいれんが起きた部位に原因はなく、特定の条件で起こるわけではないようです。人間が機械ではないが故の不完全さというか、人体の「未知なる部分」ですね。

 それでも、ある医療関係者との会話には毎度必ず「人間の体ってホントよくできてる!」という言葉がでてきます。自分で治る力を目の当たりにするからです。そしてそれは「未知」の部分が「ミラクル」を起こすことも感じるからだと思います。

 さて、今回のオリンピック・パラリンピックではどんな「ミラクル」が起きるでしょうか?



2017.05.30 Tuesday