●濱香(はまごう)カイロプラクティックセンター●南房総・館山市の整体院

健康に関する“情報コンシェルジュ”としてお悩みの辛い症状への対策・予防方法などをアドバイスしています。心地よい手技でお身体のトータルメンテナンスをサポートいたします。
 0470-29-7088
お問い合わせ

施術コースのご案内

●骨盤矯正コース●

産後の骨盤矯正にも対応します。

5,500円

  「腰痛・下肢痛がある」という辛い症状で骨盤のゆがみを意識する方がいらっしゃる一方、「ズボンの丈が左右で異なる」「スカートが回ってしまう」「ウエストラインが左右対称でない」といったことで「ゆがみ」を自覚する方もいらっしゃいますが、本当に骨盤がゆがんでいるのでしょうか?

 また、出産後の体の不調を「骨盤のゆがみによるもの」として捉えているケースも目立ちますが、必ずしもそうであるとは限りません。

 

 当院では近年、体の不調や体型の変化の原因を「骨盤のゆがみ」と総称してしまうことにむしろ違和感を感じています。

 

 カイロプラクティックでみる「骨盤」の状態は、骨盤帯全体の傾き、あるいは仙腸関節のフィクセーション(固定化)です。(※) 出産や日常生活、姿勢の悪習感によって骨盤の“骨自体”が変形することはありません。(誇張したCG画像や解説は、不安あおることで商品を売る手法です。)傾きや固定化を引き起こすのは、習慣的な疲労などで収縮した筋肉や靭帯、腱といったものです。

 骨盤帯に関連する関節の動きが悪くなることは、代謝の低下や体の動かしにくさ、バランスの取りづらさといった不快感につながります。お話をよくよく伺っていくと、このことが「骨盤のゆがみ感」として感じられているようです。つまり、関節の動きを妨げている「筋肉の疲労」や「筋力の低下」を見つけ出し、解消していくことが重要です。

 

 このようなことから、

 

 骨盤矯正の目的は、骨盤帯の筋肉調整をすることで、本来の「動きやすい体」を取り戻すこととなります。

 

 当院では筋肉のバランス調整と「ブロッキング」という方法で骨盤矯正をおこないます。この方法はご自身の体重を利用して、骨盤を理想的な状態にじっくりと調整していくので施術に伴う痛みはありません。また、矯正することより矯正後の状態を維持することの方が難しいため、日常生活における注意点をアドバイスさせていただいています。

 

 (※)出産の直前・直後は仙腸関節周辺の靭帯のゆるみによって、関節面が擦れ炎症を起こしているケース(おしりが床にあたると痛みが強く、あおむけ寝ができない状態)も有ります。その場合は「骨盤ベルト」の使用が勧められます。

 

◎当院では、産後の骨盤矯正の適期は出産後すぐではなく、靭帯の固さが戻る「2〜3ヶ月後」と考えております。「遅くなると効果がない」ということはありません。また、股関節痛や腰痛などの辛い症状に悩まされている場合は、産後2ヶ月以前でも対応いたします。ちなみに骨盤矯正に関しては、男性や高齢者に対しても同様の施術で対応しております。施術の時期に関して疑問がありましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

1
2019.10.16 Wednesday